メールアドレス*
*
*は必須項目です。


PPCアフィリエイトで売れやすい広告案件の探し方

この記事の所要時間: 616

 

お疲れ様です。
 

真義です。

PPC売れる広告・商品の探し方
 

毎日同じ作業をやってると、どうしても、マンネリ化していまい
本当にこれで大丈夫か?

 

今やっている事って正しいのかな・・・
これで結果ってでるのか?

 

段々と不安になり、作業の手が止まり
挙句の果てに他に情報収集をして、何か稼げそうなものはないか?
 

現実から逃避して、いつの間にか他のビジネスに
目移りしている経験ってないですか?

 

あっちの方が楽して稼げそう・・あっちの方が自分に向いているのでは?
 

でも、残念ながら新しい事をやっても結局は同じなんですよ。
 

だから一度やると決めて、やり始めたら
最低でも3ヶ月は他の情報を遮断し継続してくださいね。

 

仮に、正しい方法で3ヶ月間継続して取り組んでも、
全く結果がでない場合は・・・

それはやっている事が間違っているという事
又は、キチンとしたやり方でやっていないという事です。

 

どうか1度やり始めたらそれを選択した自分を信じて
3ヶ月は継続してやりましょう。
 

そうすれば必ず結果はでますよ。
 

では、本日は量産型PPCアフィリエイトで
売れやすい広告案件の探し方
について
お話していきたいと思います。
 

量産型PPCアフィリエイトを始めたら
まずはASPにある広告案件を片っ端から
提携申請して提携ができた案件を

とにかく100・200と量産していく
 

これは鉄板です。何故なら、最初は売れる売れない関係なく、
サイト作成や広告出稿、広告メンテナンスの作業に慣れる為
私は、量産をおススメしているんですが・・・
 

本業があり、副業でやってる方は作業に慣れてきたら、
今回お話する方法を取り入れても良いと思います。
 

ただ、やはり、大きな実績を望むなら
最低でも1000サイトを目指して欲しいです。

 

それでは始めます。

PPCアフィリエイトで売れやすい広告案件の探し方
 

商品名キーワードで量産型PPCアフィリエイトで稼ぐ為には
冒頭で言いましたように数勝負になりますが
 

そんな中でも売れやすい商品を探すには
これからお話する3つのポイントを押さえれば
絶対ではないですが、売れやすい商品が見つかります。

 

1【EPC】

EPCとは簡潔に申し上げると1クリックあたりの
「平均報酬単価」つまりユーザーをサイトへ誘導した時
1ユーザー(1クリック)の利益額という事です。

 

例えばAという商品があり、EPCが50の場合は
広告主のサイトへ100アクセス流したら
1アクセスあたり50円ぐらいの報酬が発生するという事です。
 

この場合だと100アクセスで5000円という事です。
 

仮に広告単価が1クリック30円であれば
100アクセス×30円=3000円の広告費
 

これに対してEPC50円の広告案件なら
5000円の報酬が発生するので

5000円-3000円=2000円の黒字という
計算が成り立ちます。
 

但し、これはあくまでも数字上の計算なので
この数字が100%か?というとそれはありません。
 

しかしASPが提示している平均値なので参考にしてくださいね。
 

話がを戻しますが、このEPCが確認できるASPがA8になります。
 

A8で売れやすい広告案件を探す際には
選択基準の1つとしてEPC50以上が
最低でも2つ以上ある広告案件を選びましょう。

 

EPCは広告リンク作成から見る事ができます。
 

次に

2【メディア告知】

メディア告知というのは広告主の販売ページ内に
雑誌媒体・テレビなどで紹介した又はされたという
掲載があるかどうかです。

 

他の媒体で紹介されていれば、その媒体がメジャーな場合
商品名キーワードで商品を検索してくるユーザーが多いので
売れやすいと考えられます。

 

余談ですが、この時の掲載されている媒体で
その媒体のユーザーの年代が分かりますので

20~40代をターゲットにした媒体に
紹介されていたら、スマホ対策も同時にやる事により、
スマホからの売上も見込めます。

 

というより20代~40代のユーザー層は
まずスマホで見て、それからPCで購入したり
中にはスマホだけで購入する人も多いです。

 

だからスマホ対策はやってくださいね。
 

3【ライバル数】

商品を選択する基準で1・2の確認をした後に可能であれば、
選択した商品で実際にヤフーで検索をしてください。
 

この時にライバルが多数いる商品は
売れると思っていいです。

 

よく、ライバルの広告が3つ以上ある場合は
広告出稿はしない方が良いと言われる方もいますが
私は逆です。ライバルが多いこそ、売れている商品なので
 

積極的に広告は出稿しています。
 

但し、出稿した後に掲載順位などの
メンテナンスを実施して
 

広告費が報酬の90%になっても売れない商品は止めるようにしています。
 

でも広告単価が高い商品でも
売れる時には1クリックでも売れます。
 

報酬2000円 1クリック単価:130円でも
3クリックで売れたら広告費390円です。
 

コレであれば十分だと思いませんか?
 

しかし、こんな具合に全て上手くいく訳ではないので
充分に気を付けてやってくださいね。
 

それからよく、広告単価を低くして
全く広告が表示されない!つまりインプレッションが
全くないという人がいますが

これは本末転倒です。何故なら、PPCアフィリエイトは
アフィリエイターが紹介している商品を欲しいというユーザーの
目に留まらなければ、そもそも売れる訳がないからです。
 

当然この場合は広告費もかかりませんが、売上もゼロです。
 

あなたの大切な時間を使い、サイトを量産して
多数の広告を出したけど全く売れませーん!というのは
 

このパターンになっている可能性が大きいので
必ず広告を出稿したら掲載順位を最低でも
7~8位ぐらいに調整してください。
 

これだけやれば、必ず結果はでますので・・・・
 

但し、掲載順位の調整をしてもインプレッションが無い場合
それはその商品の需要がないと思ってください。

 

以上、PPCアフィリエイトで売れる案件の探し方でした。
 

お役に立てることができましたでしょか?

本日の記事があなたのお役に立てた場合は

下記をクリックして合図を頂けると嬉しいです。

→ こちらをクリックして応援お願い致します!

■無料スカイプ相談受け付けています。
→ スカイプ相談はこちらからお願いします。
※上記フォームからお気軽に問い合わせくださいね。

何でも良いので疑問に思った事は
ご質問してくださいね。

→ 真義に質問する。

 
メールアドレス*
*
*は必須項目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です